痩せて見える色は黒だけじゃない!ついついやってしまう太って見える組み合わせ

痩せて見える色の組み合わせを探すカラス

痩せて見える色は黒だけじゃありません。

寒色系の収縮色や後退色を上手に組み合わせて、着やせを錯覚させるコーディネイトを心がけましょう。

 

黒ばかりが痩せて見えると思っていませんか?

太さを隠そうと思って、ついついやってしまう勘違いは全身黒の服でコーディネイトしてしまうこと。

上下黒でそろえてしまうとかえって野暮ったく見えるだけでなく、熱もこもりやすいので熱中症のリスクも上がってしまいます。

色の組み合わせ

色の組み合わせを活用して着やせを錯覚

色は人の心理に働きかけ、実際のもののサイズとはちがうイメージで錯覚を引き起こします。

例えば膨張色である白いワンピースよりも、収縮色の黒いワンピースを着たほうがほっそりとして見えるのも有名な色の効果。

膨張色 収縮色、後退色
膨張色、進出色 収縮色、後退色
実際の大きさより大きく近くに感じられる 実際の大きさより小さく遠くに感じられる

 

 

引き締めカラーをポイントで取り入れましょう

細く見せたいからといって、黒のシャツ、黒のスカート、黒のソックスといった全身黒で決めてしまうと重たいイメージで終わってしまいます。

そんな時には色の組み合わせで錯覚コーデを活用しましょう。

白と黒の組み合わせ

例えば、胸が小さめでどっしりとした下半身をカバーしたい方なら、トップスに思い切って白を持ってきて、ハイウェストのネイビーのロングスカートで決めるほうが、夏にもすっきりとした印象になります。

全身でなく気になる部分に寒色系や後退色を使って、着痩せ錯覚コーディネイトを活用していくがおすすめです。

もちろん一歩進んで、ストライプなど柄物で着痩せ効果を狙うのもありですよ。

ネイビーやブルーといった寒色系の色を組み合わせて、痩せて見えるコーディネイト生活はじめましょう。

 

色の効果的な組み合わせの例

ではどんな色の組み合わせに効果があるんでしょうか。

具体的な色の組み合わせの代表的なものを見てみましょう。

ブルーとネイビー

青とネイビー

 

 

ブルーとネイビーで組み合わせると、爽やかでスポーティなイメージになります。

年齢的にも若い印象になる組み合わせの配色といえます。

夏やジーンズのコーディネートでぜひ取り入れたいカラーコーディネイトです。

 

ピンクと紫

ピンクとパープル

 

 

ピンクと紫といったカラーは膨張色というイメージで敬遠する人もいますが、ラベンダーやローズといった組み合わせをカーディガンとカットソーなどで取り入れると、考えているよりもスッキリと見えるコーディネイトになります。

 

ベージュとブラウン

ベージュとブラウン

 

 

ベージュとブラウンの組み合わせは落ち着いた雰囲気になるので、普段着使いすると30代からの砕けすぎないファッションにおすすめです。

エレガントに見える配色なので、事業参観や少しかしこまった集まりでも、しっくり浮かないコーデができるでしょう。

 

色の錯覚効果だけでは限界な時には矯正インナーを組み合わせ

実際の体型をすぐには変えるのは、なかなかむずかしいですよね。
やせて見える色の組み合わせで、着痩せ効果を狙っていきましょう。

そうはいっても、デートや女子会で人との距離が近いと、色の効果だけではたるんだ体形がごまかしきれないと感じることもあるでしょう。

そんなときにはインナーに着圧効果の高い補正下着を着用することで、強制的なクビレや脚痩せを組み合わせ演出するのもありですよ。

寝るときにも履ける人気の着圧グラマラスパッツ >

タイトルとURLをコピーしました